« 安らかに・・・ | メイン | いちご狩りと鵠沼海岸 »

とろろのキャッチ

とろろの辞書には、おもちゃをキャッチするという文字はありませんでしたが、


かものはし編


取ってるよね?!

ところが、おもちゃが小さくなると、

卵編



投げるおもちゃをキャッチする、ということ自体は、なんだか楽しくなってきたみたいです。しっぽも振ってるし。でも、投げられるものを追って自分もジャンプしようと(気持ちの上では・・・体は浮いていません(笑))するために、パクッがまだまだうまくいっておりません。

コメント

とろろ〜!がんばってるじゃ〜ん!!
(カモノハシ、『取ってる』っていうより『受け取ってる』って感じがしないでもない・・・)
とろろ家の卵はさわったことがないのでわかりませんが、てつに頂いた卵から想像すると『固い&厚みがある』んじゃない?
カモノハシくんは既にだいぶ柔らかくなってるし、くにゃくにゃしてるから取りやすいっていうのもあると思います。
つまり、
*ボール状のものより平べったいもの
*パンパンに綿が入ったものよりへたったもの
が理想かな、と考えています。てつのボール、柔らかいし噛み心地がいいので気に入っているみたいですが、やっぱり失敗してポーンって跳ね返ってくるときがあります。(イルカとかオットセイとのキャッチボールみたいな感じ ^^;)
素材選びも難しい・・・
大器晩成型、頑張れ!(^^)v

>葵さん
確かに!薄っぺらくて、へたったものの方が、キャッチしやすいですね!カモノハシくんのしっぽだけとか。アドバイスありがとうございます。

きっと、進ちゃんもそうだと思うのですが、途中で、末っ子がわりこんでくると、じゃあ、いいや・・って、練習するテンションが下がっちゃうのが困りものです。
末っ子は、点数が高いコングつきロープを好きになってもらおうと、ボールつきロープで遊ばせたら、あっというまに、ボール部分を破壊して、困りものです。(以前、テニスボールの皮?部分を剥いだのを思い出しました)

おっしゃる通りしんは遊んでいる時に邪魔が入ると譲ってしまうタイプです。
が!てつと練習中に邪魔に入るタイプでもあります。だから必ず2頭一緒に練習しなくてはなりません。
しかもトイレトリーブ等はてつの番なのに、「ぼく出来るよ!出来る!」とばかりに順番待ちをせずにでしゃばります。

てつのボール、山ほど買った(JOKERでバーゲンしてて¥120だった)から1個あげます。試してみて下さい。卵よりはやりやすいはずです。

それと、キャッチしたカモノハシをとりあげるのではなく、おやつと交換すれば「う〜!」は言わずに自分から持ってくるようになるし、練習のモチベーションも上がります。

とうふちゃん、インディアンの血を引いてる?(皮はぎ)

>葵さん
インディアン(笑)インディアンのメイク?をしなくても、あの般若顔で十分いけそうな気が(笑)

とうふは、とろろに対して練習していても、でしゃばってきますが、その逆の状況なら、とろろは、自主的ヘソだしをして待ってることが多いです。

そして、おやつと交換、ができればいいのですが、まだ、そこまで行き着いていないのです。行き着いていない、というのは、おやつに気がつくと、投げたものは、アウトオブ眼中で、おやつのそばから離れません・・・それが、カモノハシくんであっても、まだ、おやつの魅力には、今はまだ勝てないのです。繰り返していくうちに、‘ヘソだしすれば、おやつがもらえる’みたいに、‘おもちゃを持って行くと、おいしいことが!’となってくるといいなぁと。

ちなみに、インディアン娘も、あんなにキャッチもボール投げも好きで、もっと投げて♪と持ってくるのですが、おやつに気がつくと、おやつが気になって、取りにいかずに、おやつ前待機です。でも、探して探して!のコマンドをすることで、おやつに後ろ髪をひかれながらも取りにいき、くわえたところで‘ちょうだい’と言えば、持ってくるようにはなってきました。

ボール、ありがとうございます!

最近の写真

top.jpg
とろろ枕、最高です!

カレンダー

2009年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ポストペット